ベリードコラム

カラーの種類

ヘアカラーにマニキュア、ヘナ、、、何がどう違うの?に今日はお答えします。

ヘアカラーは・・・「髪の内部のメラニン色素に作用し、脱色して発色させるものです。

 

髪の内部にまで浸透するので色持ちが1番良い。

アルカリ基剤を使うため、ダメージも強い。

色持ちは髪のダメージ具合にもよるが、健康的な髪で一般的には2~3カ月といわれています

ダメージが大きい髪の場合、すぐに色が落ちてしまう場合もある。

 

 

 

次にマニキュアは・・・髪に表面に色素でコーティングするものです。

ネイルのマニキュア同様時間とともに剥げていきます。

一つ、ネイルのマニキュアと違うのは本来の髪の色が影響してきますので、ヘアマニキュアの仕上がりの色は

マニキュアのカラー + 現在の髪の色 = 仕上がりのヘアマニキュアの色

となります。

なので白髪染めでヘアマニキュアをされると白髪の部分と黒髪の部分で仕上がりの色が違います。

髪の表面を覆っているキューティクルに作用し、表面のみに色味を出します。

黒髪に染めてもうっすらしか色味がわからない。

酸性なので、髪へのダメージはほとんど無い。

ツヤが出やすい。

色持ちは短く大体2~3週間。

 

 

次にヘナ・・・別名草木染めともいわれ、インドや中近東などの熱帯地方に多く自生する、ミソハギ科シコウカ(指甲花)という植物を粉末にしたもの。

 

頭皮への負担は少ない。

ヘアカラーよりは毛髪への負担も少ない。

使い続けるうちに髪がしっかりしてくる。

染まるのに通常のカラーより時間がかかる。

マニキュアと同じく黒髪にはまったく染まらない。白髪、明るい髪のみ。

色の種類がほとんど無い。天然のものだとオレンジの色味くらいでほかはほぼ黒の色味。

ヘナをした髪を明るくするのはほぼ不可能に近くなってしまう。

色持ちはこれも個人差があるが、通常のヘアカラーと同じくらい。

 

 

カラーの種類も様々、自分のライフスタイルにあったカラーをしましょう


過去の記事

全て見る

WEB予約