ベリードコラム

産後の抜け毛について

産後に困ったことは?と聞かれて抜け毛問題をあげるママも多いいようです。「シャンプー後の排水溝に溜まった髪の毛の量に恐怖を覚えた」との声も。

そこで今回は産後の抜け毛について。

 

まず産後の抜け毛はどうして起こるのか。

 

 

ホルモンバランスの変化

 

産後の抜け毛に関係しているのは、女性ホルモンの変化です。女性ホルモンには、プロゲステロンとエストロゲンの2種類があり、妊娠をしていないときは月経周期に沿って約2週間ごとに交互に優位になる働きを繰り返しています。

 

妊娠中は女性ホルモンの分泌が徐々に増え、妊娠後期には大きくなった胎盤からも女性ホルモンが分泌されます。プロゲステロン、エストロゲンともに妊娠前と比べると分泌量は非常に多くなっています。

出産すると女性ホルモンの量は急激に減少します。この大きな変化に身体や精神が追いつかず、産後すぐのママの心身にはさまざまな不調が生じることがあります。

・毛髪サイクルの影響

 

髪の毛は一定のサイクルで生え変わっていますが、妊娠中は髪の毛を維持するのに役立つ女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が盛んになっているため、抜けるはずの髪の毛が抜けない状態になっています。そのため、出産を終えてエストロゲンの量が急激に減少すると、妊娠中に抜けるはずの髪が一気に抜けてしまうのです。

 

毛髪は成長が止まってから次に毛根が成長を始めるまで、通常は34ヶ月の休止期があります。一斉に抜けた毛髪は一斉に休止期に入るため、新しく生えてくるまでしばらく薄毛状態が続いてしまいます。

・生活の変化

 

出産後、妊娠中とは全く異なる生活になることも影響していると言われています。母体が完全に回復しないうちに育児に追われ、ストレス、疲労、睡眠不足が、抜け毛を加速させてしまうと考えられます。

 

いつまで抜け毛が続くのか心配になるママも多いと思いますが、多くは産後8ヶ月までにはほぼなくなり、自然に回復します。抜け毛は産後4ヶ月以内に始まることが多いのですが、少しだけ育児に慣れ、多くのママがホッと一息つくのが産後3ヶ月・4ヶ月目くらいではないでしょうか。そのため、余計に抜け毛が気になるのかもしれません。

 

 

次に産後の抜け毛対策は、、、

 

バランスよい食事を摂る

 

健康的で美しい髪の毛や頭皮を手に入れるためには食生活はとっても重要な要素。即効性がある方法ではありませんが、髪の毛の恒久的な健康を考えるとベストの方法です!

 

 

質のよい睡眠を取る

 

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、髪の毛の育成にも影響があります。日頃から薄毛や髪の毛の発育に悩んでいるという人は、なるべく睡眠時間を確保し、質のいい睡眠をとることを心がけてください。

 

 

ヘアケアを見直す

 

産後の抜け毛に限らず、抜け毛や薄毛に困っているという人は、シャンプーやコンディショナー、トリートメントなどの普段使っているヘアケア剤を見直してみましょう。

 

是非参考にしてみて下さいね。

 


過去の記事

全て見る

WEB予約