ベリードコラム

アイロン、コテの温度について

今日はアイロンの設定温度について



販売されているアイロンやコテはそれぞれ最低温度から最高温度まで各社によって違いますが
お客様によっては温度を気にしたことがない方も多いです
また何度でしたらいいのかわからない という声もよく耳にします
なので今日はアイロンやコテの適温について話していきます


まずストレートアイロン
ストレートアイロンを使用する際の適温は一般的に170度以下が望ましいといわれています
通す時も何度もアイロンをいれるのではなく1か所を2~3秒くらい

180度で使用されてる方も多いと思いますが
入れ方によっては髪にダメージが加わるので気を付けてくださいね

カールアイロンは160度以下が望ましいとされています
カールアイロンは巻いた状態で少し待つ人も多いと思いますが5秒前後が最適とされています

なんとなく忘れがちなんですが
コテもアイロンも熱なんです
料理でも揚げ物だったり焼き物は火を使いますが
それと同じで髪に熱を与えることなんです
なので毎日熱を加えることはそれなりのリスクやダメージがあるということなんです

また、温度が高すぎると退色の原因になったりするので
ブリーチをしている方は特に注意が必要です

ミルクティー系のカラーは今人気ですがブリーチの回数が必要なカラーなので
温度は必ず160度以下にすることが望ましいです





長さが長くなってくると
毛先が硬くなったり枝毛になったりしますよね

軽く折ってみたら折れっぱなしになったりなど
本来髪の毛は弾力があるのでパキッと折れることはないのですが
熱性のダメージの影響としてそうなる場合がありますので注意が必要です


また、黒染めはしたくないけどかなりトーンダウンをしたいというお客様も多いですよね
こういった場合にグレーで暗くすることが多くありますが
ブラウンのトーンダウンと違って色落ちが早いのも特徴の一つになりますよね
目安が一か月ですが毎日アイロンを入れる人はもっと色落ちがはやくなることが想像されます
こういう場合は140度以下でのアイロンをおすすめします



それぞれの髪質や状況によってはここに書いてあることが完全に正しいということにはならないので
自分の担当の美容師さんに相談しながら実践してみてくださいね






過去の記事

全て見る

WEB予約