ベリードコラム

オレンジ系カラー

魅力いっぱいオレンジヘアカラー
「オレンジは派手でトライしにくそう…」と思う人もいるかもしれませんが、意外と肌に馴染むオレンジのヘアカラー。

オレンジ系といっても多くの色があり、ニュアンスの違う好みのオレンジカラーにすることができます。
暖かみのある明るいオレンジカラーは、日本人の肌色ととても馴染みがよく、元気な印象!現在流行しているアッシュ系は髪の透明感が出て人気がありますが、ブルーがかった色なので色が出にくい場合もあり、冷たい感じもします。

日本人の肌には黄色系が入っているので、髪がオレンジ系ならメイクもオレンジ系で明るめにすると肌写りがよく、ふんわり柔らかい印象になりますよ。アイブロウやアイシャドウ、チークなどをオレンジ系で髪色と統一してみましょう。

 
(ブリーチあり)
オレンジベージュ


オレンジ系初挑戦なら、オレンジ系ベージュからトライしてみましょう!抑え気味のトーンで大人の雰囲気に仕上がります。



アプリコットオレンジ



かなり明るめのアプリコットオレンジは、原色のオレンジよりほんの少し暗めの色味。黄色味が強く、ピンクがかったカラーは、色白さんにぴったりです。周りが明るくなるので、華やかな印象でパッと目を引く存在に♡

ショートボブで外ハネにしたり、セミロングでゆるウェーブにしたりして、自分らしさを演出するのもおすすめ。明るめのオレンジ系でも、暖色系なので、比較的着る洋服にも合わせやすいですよ!



(ブリーチなし)

オレンジブラウン




ビタミンカラーのオレンジにブラウンが入ることで、オレンジの元気さとブラウンの落ち着いた雰囲気を併せもったカラーに。オレンジ系の中でも暗めの色になります。

ロングならふんわり柔らかい大人上品な印象にもなり、ショートなら毛先を遊ばせて元気いっぱいなイメージになりますよ!深みのあるオレンジで、明るいながらもシックに決まります。






オレンジカラーは、ただ明るいだけでなく、色んなニュアンスを出すことができるカラーです。

派手になりすぎず、大人の雰囲気も出すこともできるし、思い切り目立ちたいカラーにすることもできます!

ヘアスタイルと、自分の出したいイメージをはっきり描いて、美容師さんと相談しながらカラーを選ぶのがオレンジ系カラーリングのコツ!オレンジ系カラーリングで、一歩上のお洒落上級者を目指しましょう。



過去の記事

全て見る

WEB予約